信用保証財団からの融資が難しい場合はですね。

「個人事業を運営して資金が必要な場合には貸し出しを調べることになるんですが。」 銀行では所得が不安定な個人事業者には融資をよくしてくれません。 しかし、最近ではカカオバンクのようなインターネット銀行で個人事業者も低金利融資を受けられる商品を披露しています。 今日は、カカオバンクの個人事業者貸付資格と条件、貸付チップと注意事項までご紹介したいと思います。



カカオバンクの個人事業者融資です。


2017年に設立したカカオバンクが第一金融圏インターネット銀行というのは、多くの方が知っています。 –最近、積極的なマーケティングを通じて、低金利の貸付商品をたくさん出していますが。 本商品の一つであるカカオバンクの個人事業者貸付は、個人事業者の方が見逃すことのできない商品でもあります



また、カカオバンクは、インターネット銀行らしく、貸付をアプリで手軽に申請できます。 こうしたメリットもあって時間がとれない個人事業者、フリーランスの方々に人気があります。 スマートフォンにアプリを設置した後、公認認証書の認証さえすれば、融資金の入金や限度照会まで、直ちに可能になります。


カカオバンクの個人事業者融資資格です。


事業者登録および休業、休業の有無です。

カカオバンクの個人事業者貸出は、내구제 簡易·一般課税者に関わらず事業者登録がされていないと申請できません。 また、申請日基準で国税庁が現在営業している事業者のみ融資を受けることができ、休業や廃業状態なら融資を受けることができません。



年間所得の条件です。

年収が1000万ウォン以上なら申請資格を得ることができます。 同様に、国税庁から申告された所得金額証明院上、1千万ウォン以上の所得証明が必要です。 所得金額証明書がない場合は、年末調整事業所得者用所得金額証明書でも所得証明が可能です。



営業期間です。

事業者登録をして開業日の6か月後から申請が可能です。 また、前述したように国税庁で所得を確認することができてこそ融資資格を持つことができます。

追加貸し出し可能ですか?

既に他のカカオバンクから貸付を利用している方でも、追加でカカオバンクの個人事業者向けの貸付を受けることができます。 他の都市銀行の貸付を利用していても同様で追加貸付が可能です。 ただし、個人の状況によって限度が引き下げられたり拒否される場合があります。



法人事業者が可能ですか?

カカオバンクの個人事業者貸付は、文字通り個人事業者のみ貸付が可能です。 そのため、法人事業者は融資を受けられません。 その代わり、カカオバンクからのクレジット融資をご利用いただくことをおすすめします。



フリーランサー申請の可否ですか?

事業者登録を行い事業運営中のフリーランスもカカオバンクの個人事業者貸付資格になります。

カカオバンクの個人事業者向け融資条件です。


カカオバンクの個人事業者向け貸出金利です。

–一般のノンバンクの貸出金利よりさらに低いか、似たような水準の最低3.76%から定まりますが。 信用保証財団が支援している小企業、小商工人向け貸出金利よりは少し高いです。



カカオバンクの個人事業者向け融資限度です。

限度額は100万ウォンから最大2000万ウォンで、信用格付けが低くなかったり、債務がなければ最高限度まで融資を受けられます。

カカオバンクの個人事業者向け貸出期間です。

貸付期間は1年から5年まで、元利金均等分割返済や元金均等分割返済の中から選べます。 また、中途返済解約金がないので、資金に余裕があるときにいつでも貸付金をご返済いただけます。



申し込み方法です。

スマートフォンにカカオバンクのモバイルアプリをダウンロードした後、会員登録をしてください。 メニューをクリックすると、個人事業者のサイトローンをクリックし、約款同意後、個人情報を記入し、公認認証書認証を完了するとローンの限度を照会することができます。


個人事業者向け融資のコツ及び注意事項です。


一番先に確認しなければならない貸し出しです。

少し前にお話しましたが、 個人事業者向けの貸付商品の中で金利が最も低い貸付は、信用保証財団からの貸付です。 政府が個人事業者を支援するローンで2~2.5%と最も金利負担が低い商品です。 「限度額は2000万ウォン以上も可能なので、個人事業者や小商工人の方たちのために融資を受ける場合、最初にチェックしなければならない融資です。



しかし、信用保証財団からの融資は、時間を割くのが困難な小商工人や個人事業者の方にとっては、申請過程が非常に複雑で煩雑です。 また、申請後の保証審査と貸出金の入金には2~4週間かかるという短所がありますが 金利や限度を少し損しても時間を節約したい場合は、カカオバンクの個人事業者貸付を利用するのも良い方法です。



●高金利融資に注意してください

信用保証財団からの融資が難しければ、カカオバンクの個人事業者向け融資資格と同様、ノンバンクからの融資も否決される可能性が高いです。 このような場合は、やむを得ずノンバンクの貸付や貸付業の高金利貸付を希望する個人事業者の方が多くいます。 高金利ローンは、一度陥り始めると悪循環から抜け出すのが非常に難しいので必ず注意しなければなりません。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다